[PR]

 安倍晋三首相は21日、西日本豪雨による広島県内の被災現場を視察した。同県三原市の避難所となっている本郷生涯学習センターでは、避難者から被災状況や生活再建に向けての要望を聞き、自衛隊などによる給水活動や仮設の風呂の設置状況を確認。天満祥典市長から下水道施設の早期復旧や災害ゴミ処理などへの支援について要望を受けた。

 首相は広島市安芸区などの土砂崩れの現場も訪れ、黙禱(もくとう)した。湯崎英彦知事らとの面会では、被災者支援や復旧事業の進め方について意見を交わす。

 首相の被災地視察は、岡山、愛媛両県に続き3県目。広島視察は15日に予定していたが、右足の股関節周囲炎で延期となっていた。