[PR]

 横浜市保健所は20日、戸塚区の認可保育所「とつかルーテル保育園」で、園児と職員計105人に下痢や発熱などの食中毒の症状が確認されたと発表した。

 市保健所によると、症状が確認されたのは園児102人と、保育士や調理従事者3人。いずれも症状は軽く、入院した患者はいないという。患者の一部から腸管病原性大腸菌O(オー)55が検出され、9~13日に同園の給食施設で作られた食事が原因とみて、調べている。市保健所は20日、同園の給食施設を当面の間、使用禁止処分とした。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/