[PR]

 「道の駅なんぶ」が21日、山梨県南部町中野の国道52号沿いにオープンした。県内21カ所目となる道の駅で、来年度開通予定の中部横断道南部インターチェンジに隣接している。南部町では「道の駅とみざわ」に続き2カ所目。

 町名産の南部茶を使った菓子や野菜が並ぶ農作物販売所のほか、町ゆかりの南部氏の歴史を紹介する展示室がある。レストランにも南部茶の茶そばや茶めし、ソフトクリームなどが用意され、多くの観光客でにぎわった。

 防災棟もあり、災害時には防災拠点になる。記念式典で佐野和広町長は「南部町は歴史と文化のまち。地域の活性化、定住促進の拠点にしたい」と話した。(古賀智子)