[PR]

 南神奈川大会4回戦で、横浜が藤沢清流に10―2の七回コールドで勝利した。万波中正(ちゅうせい)選手(3年)が昨秋以来の4番に入り、3打数2安打。継投で登板し、四、五回を三者凡退に抑えるなど、投打で貢献した。

 万波選手は1年から強豪・横浜でベンチ入りしてきたが、今夏は大会前の1次登録からは漏れた。その後の登録変更で、ようやくベンチ入りを果たした。

 この日、藤沢清流打線を「鎮火させる気持ち」で万波選手は投げた。18日の逗子開成戦に続き、今回も直球勝負。内角寄りに投球を集めてうち取った。4番で、一時、マウンドに立ったことに「素直にうれしかった」と笑顔。しかし「今日は好調だったが次はわからない。ペースを崩さずに目の前の試合に集中したい」と気を引き締めた。(田添聖史)