[PR]

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、職員を含む27人が重軽傷を負った事件から26日で2年。被害者の遺族の男性(59)が、殺人などの罪で起訴されて裁判が始まるのを待つ元職員の植松聖(さとし)被告(28)と、再び向き合った。時を経て、男性は心境の変化を感じている。

 「遠いところ、ありがとうございます」

 今月4日、立川拘置所(東京都立川市)の面会室。植松被告は小柄な体をくの字に折り曲げて頭を下げ、椅子に座った。事件当時の金髪が、わずかに毛先に残る。長く伸びた黒髪を後ろで結い、柔和な表情を浮かべていた。

 今年6月に続き3度目の面会に、朝日新聞記者も同席した。初めての面会は、事件から1年を前にした昨年6月。姉(当時60)を殺害された男性はそのころ、「死刑にしてほしい」と思っていた。だが今回の面会で、かつてのような憎しみは湧いてこなかった。

 この1年で変わったことが、もう一つある。

 事件の報道に接するたび、「遺族が被害者の実名を明かさないから、被害者は命を奪われただけでなく、この世に存在した事実さえ消し去られている」と言われている感じがして、葛藤を覚えるようになった。当初は匿名を選択していた。でも、殺害された姉は単なる「入所者の女性」ではなく、個性ある一人の人間だ。実名を出すことは、生きた証しを残すことにもなる――。

 家族の了承を得られた姉の名だけを、明かすことにした。

 宏美さん。生後まもなく、脳性小児まひと診断された。会話は難しかったが、表情を見れば感情は伝わってきた。施設で30年余り、過ごしてきた。

 毎年恒例の身内の新年会。食べ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら