[PR]

(21日、高校野球熊本大会)

 熊本大会の決勝は、「くまこう」同士とはならなかった。準決勝で伝統校の熊本工が圧勝したあと、球磨(くま)工は東海大星翔に2―9で七回コールド負け。六回の7失点を悔やんだ横馬場監督は「くまこう対決にしたかったですけど」。まじめな集団というチームはぐんぐん伸びて夏は初の4強入りだった。準々決勝で最速138キロを記録し、入学時から球速を24キロも高めたエース柴尾は「高校で成長できた」と、しょぼくれてばかりではなかった。=リブワーク藤崎台