[PR]

(22日、高校野球岩手大会決勝 花巻東4―3盛岡大付)

 花巻東打線の粘りが甲子園への扉をひらいた。2―3で迎えた九回1死二塁。1番の谷はバットを気持ち短く持って、直球を三遊間へ流し打った。打球は三塁手のグラブをかすめて左前に抜け、谷は二塁に到達(記録は二塁打)。1死二、三塁とし、相手の暴投と敵失で逆転に成功した。

 今大会、チーム本塁打は1本のみ。大リーグで2桁本塁打をうかがうOBの大谷(エンゼルス)のような長距離打者はいない。その分、こつこつとつないで粘るのが身上だ。今夏は6試合のうち、この日を含め5試合が先行を許す展開だった。「つなげば逆転できる。今日もそう信じて打った」と谷。粘っこさを、甲子園でも発揮するつもりだ。(松沢憲司)

こんなニュースも