打ち勝つ野球、フェンス際守備に封じられ 明秀日立敗退

[PR]

(22日、高校野球茨城大会)

 今春の選抜16強で春夏連続の甲子園出場を目指した明秀日立が、準々決勝で昨夏優勝の土浦日大に3―8で敗れた。

 DeNA細川の弟でエースの拓哉が八回まで毎回走者を背負う苦しい展開。六回まで3失点と粘ったが、七回1死満塁から走者一掃の左越え三塁打を浴びて突き放された。身上の「打ち勝つ野球」も、フェンス際で守った相手外野陣に長打を阻まれ、八回に増田の3点本塁打でコールド負けを免れるのが精いっぱい。金沢監督は「終始、低めの変化球を打たされてしまった」と唇をかみ締めた。=ひたちなか市