[PR]

 23日は一年で最も暑いとされる「大暑」。人間同様に暑さをしのいでもらおうと、福岡市中央区の市動物園で22日、動物たちに氷がプレゼントされた。

 49匹のニホンザルがいるサル山には果物が入った氷の塊三つが運び込まれた。サルたちは上に乗ったり、かじったりして、「涼」を満喫した。

 この日の同区の最高気温は36・9度。猛暑でサルも疲れ気味で、日陰を求め、ひんぱんに水浴びをしているという。ひんやりとして、夏バテもサル?