[PR]

(22日、高校野球西東京大会 日大三8―6片倉)

 中盤の主導権を握っていた片倉から勢いを奪い取ったのは、日大三の代打の切り札による一振り、「代打逆転満塁本塁打」だった。

 七回2死満塁。投手に代えて代打を送るかどうか迷っていた小倉全由監督は勝負に出た。小沢優翔(3年)に代打を告げた。準備は万全だった。打席に向かう前に主将の日置航(3年)は「お前が一番練習しているんだから、自信を持って振ってこい」と送り出した。

 「初球に変化球が多いのは分かっていた」と小沢。狙い通り、初球はスライダーだった。打球は伸び、右翼席に飛び込んだ。

 「打った瞬間は手応えがなかった。グラウンドを走っている間はふわふわした感覚で本塁打を打った実感がなかった」。公式戦初本塁打が起死回生の満塁弾となった。小倉監督は「打撃がいいので期待していたが、まさか本塁打とは」と驚いた。

 小沢は昨秋の東京都大会でベンチ外に。冬の間は毎日素振り1千回を自らに課した。今大会はいずれも代打での出場だが、結果は出ていなかった。「与えられた場面できっちりと結果を残せるよう、次戦もしっかり準備したい」と語った。=神宮(滝口信之)