[PR]

 祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾(やまほこ)巡行が24日、京都市中心部であった。故事や伝説の場面を表現した10基の山鉾が祇園囃子(ばやし)とせみしぐれのなか、都大路をゆっくりと進んだ。風格ある平成最後の巡行に、沿道に詰めかけた4万2千人(京都府警調べ)が魅せられた。

 巡行の列は午前9時半、慣例で順番が決まっている「くじ取らず」の橋弁慶山を先頭に、烏丸御池の交差点を出発した。

 寺町御池では、山鉾の進行順を確かめる儀式「くじ改め」が行われた。今年、くじを引く山の中で最も先頭に近い「山一番」を引き当てたのは「黒主(くろぬし)山」。黒主山保存会の京都市立梅津小6年、片山大凱(たいが)君(11)が、かぶっていた笠を後ろに放り投げた後、文箱(ふばこ)を独特の所作で開け、くじ札を奉行役の門川大作・京都市長に差し出すと、周囲から大きな拍手が起こった。

 片山君は「失敗してもいいから…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら