[PR]

 堺市で7月2日、バイクが車に追突され、バイクの男性が死亡した事件で、大阪地検堺支部は23日、逮捕された堺市南区茶山台2丁の警備員、中村精寛(あきひろ)容疑者(40)について殺人罪で起訴し、発表した。

 起訴状などによると、中村容疑者は2日午後7時半過ぎ、堺市南区の大阪府道で、大学生の高田拓海(たくみ)さん(22)が運転するバイクに追い抜かれたことに腹を立て、約1キロ、クラクションやパッシングを繰り返してあおり運転をし、殺意を持って車をバイクに衝突させ、高田さんを転倒させ、殺害したなどとされる。あおり運転の際の速度は時速約96~97キロまで上がっており、そのまま衝突させていたという。

 堺支部は認否などについて「現時点ではコメントできない」としている。