[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備候補地となっている山口県萩市の高橋博史・副市長が23日、防衛省を訪れ、住民説明会の実施を求める要請書を前田哲・防衛政策局長に手渡した。

 イージス・アショアは同市の陸上自衛隊むつみ演習場が配備候補地。防衛省はこれまでに2回、住民説明会を実施したが、市は「住民の不安が解消されたとは言えない」(要請書)と指摘。現地調査を請け負う業者を決める8月2日の「開札」を延期した上で改めて住民への説明会を開くよう求めた。前田氏は「丁寧に対応したい」と述べた。