[PR]

 東京都内で観測史上初めて40度を超えるなど、酷暑に襲われる日本。海外の主要メディアも「命にかかわる猛暑」などと日本の状況を伝えた。なかには、エアコンをあまり使わないようにするという日本の節約文化に触れる指摘もあった。

 ロイター通信は、埼玉県熊谷市が国内観測史上最高となる41・1度を記録した約20分後、「東京近郊で日本最高気温を更新」と伝えた。AFP通信も同様に速報し、「悪名高い高温多湿として知られる夏の日本では、熱中症によって毎年数百人が死亡している」と指摘。AP通信は「外出を控えてエアコンを使うよう気象庁が警告している」と伝えた。

 米CNNは、東京・銀座で日傘を差す人たちの写真と共に、長行の記事をニュースサイトに掲載した。

 日本では公立の小中学校のうち、エアコンの設置が約42%にとどまっているという昨年6月に発表された文部科学省調査を引用。日本には大型空調設備で家全体に冷風を送るセントラル空調が広まっていない点と合わせ、「これほどの猛暑を経験してこなかった日本では所々、エアコンが広く普及していないところもあり、猛暑から逃れるための冷えた場所が少ない」と指摘する米気象会社の声を載せた。

 またCNNは、日本は文化的に「浪費すること」に対し過敏であるとも指摘する。東京電力福島第一原発の事故で電力不足に陥ったことにも触れて、室温28度でも快適に過ごせるように軽装を促す「クールビズ」が政府主導で広まったと分析。「ビジネス界でも電力を節約することを(政府に)求められている」と紹介した。

 日本と同様に高温多湿で知られるシンガポールの出身者もこの暑さには驚く。ストレーツ・タイムズ紙は、出版社で働くシンガポール人の女性(27)が「外にいると立ちくらみがする。湿気は母国と同じぐらいだけど、気温はずっと高い」と語り、疲弊している姿を紹介した。

 最高気温が50度近くになるカタールのニュース専門衛星テレビ局、アルジャジーラは20日付のニュースサイトで日本の状況を紹介。「2年後の東京五輪に向けて懸念が高まっている」と指摘した。(軽部理人)