[PR]

 強豪ひしめく大阪で、昨夏の決勝で大阪桐蔭(大阪府大東市)を8―10と苦しめた府立の大冠(おおかんむり)(同府高槻市)。24日の北大阪大会では完封勝利し、8強に進んだ。力をつけた背景には、「新聞」を使った地道な活動がある。

 B4判1~2枚ほどの「WINd☆up!(ワインドアップ)」と題した部内新聞。東山宏司監督(56)が就任した1997年に当時のマネジャーの発案で始めた。

 月1回300部程度を印刷し、公式戦や練習試合の日程、結果、長打成績などを掲載。最新の7月号には今夏の北大阪大会開幕に向けた登録選手20人の意気込みが並んだ。編集を担うマネジャーの1人、薮下なつみさん(3年)は「野球部のことをいっぱい知ってもらえるようにこだわっています」。

 記事に登場する選手には出身中学を明記。新聞は部員や保護者に配布するほか、近隣中学の野球部にも届けている。東山監督は「身近な先輩のその後の活躍を知れば、中学生に『自分も活躍できる』とイメージしてもらえる」と話す。

 新聞を参考に進学を決めたという平山友聖(ゆうせい)君(同)は「中学の先輩がレギュラーで活躍していたし、練習試合で強豪私学を倒していることもわかった。ここなら本気で甲子園が目指せると思った」。新聞を読んだ中学時代の知人から「頑張ってるね」と声をかけられることもあり、練習の励みになっているという。

 地道な広報活動も実り、大冠は2015年夏は大阪大会で4強、春や秋の大会でも上位に食い込んでいる。東山監督は「この新聞は野球部の強さを支える大切なもの。これからも続けていきます」。(遠藤隆史

こんなニュースも