[PR]

支援通信

 西日本豪雨が観光に影響を及ぼしている。岡山後楽園(岡山市)の入園者は前年の半分程度。岡山県は「岡山を元気にするためにも、是非、観光を」と訴える。

 県観光課によると、岡山後楽園の7月6日~18日の入園者は8911人で、前年同時期(1万5856人)の56%に落ち込んだ。倉敷観光コンベンションビューローなどによると、倉敷美観地区(倉敷市)の観光バス駐車場の駐車台数も169台で、前年同時期(383台)の44%にとどまっている。

 こうした事態を受け、岡山県は23日、公式ツイッターなどで「今回の災害で岡山への旅行を躊躇(ちゅうちょ)されている皆さん!!」と呼びかけ、山陽新幹線や岡山桃太郎空港などが通常通り利用できることや、県内の主要観光施設のほとんどが営業していることを説明。「岡山を元気にするためにも、是非、岡山の観光をお楽しみください」と訴えている。

 県観光課は「不謹慎に感じて岡山への観光を控えている方がいるのかもしれない。観光こそが、復興の後押しになる」と話す。

 県の観光総合サイト「晴れらんまん。おかやま旅ネット」(https://www.okayama-kanko.jp/別ウインドウで開きます)では、主要な観光スポットやお土産などを紹介している。(長富由希子)