• アピタル

暑さ「災害レベル」 少なくとも8月上旬までは高温状態

有料会員記事

山岸玲、小林舞子
写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 関東甲信と東海を中心に、23日も記録的な暑さとなった。埼玉県熊谷市では午後2時23分、国内の観測史上最高を約5年ぶりに更新する41・1度を記録。全国の観測地点の約4分の1で最高気温が35度以上の猛暑日となり、各地で熱中症とみられる死者も出た。気象庁は同日夕の緊急記者会見で「命の危険がある暑さ。一つの災害と認識している」と危機感を示した。

 同庁によると、これまでの最高は2013年8月12日に高知県四万十市で記録した41・0度。23日は東京都青梅市で40・8度、岐阜県多治見市で40・7度、甲府市で40・3度と計4地点で最高気温が40度を超えた。都内で40度以上を記録したのは観測史上初めて。

 この日は全国927の観測地点中、627地点で30度以上の真夏日に。このうち241地点で猛暑日となり、気象庁が記録をまとめている12年以降、7月の猛暑日としては最多地点数となった。また、23日で10日間連続、猛暑日が100地点を超え、7月の最長を更新している。

 海外でも日本の猛暑が報じら…

この記事は有料会員記事です。残り644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら