重さ6千トン屋根釣り上げ 五輪水泳会場、建設真っ最中

斉藤寛子
【動画】東京五輪・パラリンピックの水泳会場「アクアティクスセンター」の巨大な屋根を釣り上げ=林紗記、嶋田達也撮影
[PR]

 東京都は24日、2020年東京五輪パラリンピックの水泳会場で、江東区に建設中の「オリンピックアクアティクスセンター」の巨大な屋根を釣り上げる工事を公開した。屋根は鉄骨造りで縦160メートル、横130メートル、厚さ10メートルで、重さは6千トン。4本の柱に取りつけた計32本のワイヤでこの日、じりじりと13・5メートル引き上げ、最上部まで達した。

 センターは地上4階、地下1階建て。高さ37メートル。20年2月の完成を目指している。都によると、屋根は作業員の安全確保やコスト削減のため、まず地上付近で建造。柱に沿って、5月に2メートル分、7月初旬にさらに5メートル分と、段階的に持ち上げてきた。

 今後はメインプールなど三つのプールを造っていく。敷地内の汚染土壌の処理に当初予定より時間がかかり、工期が2カ月延びているが、今のところ大会に影響はないという。(斉藤寛子)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント