[PR]

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、関東大学リーグ1部に所属する各大学の指導者らで作る監督会は24日、公式試合の出場資格停止処分を受けている日大が関東学生連盟に提出した「チーム改善報告書」が、関東学連から開示されたことを明らかにした。秋のリーグ戦で日大と試合ができるかどうかを含め、「開示された報告書を基に、適切な判断をしていきたい」としている。

 監督会は23日、関東学連に対し、24日までに開示されない場合は秋のリーグ戦で日大と試合をすることはできないと通告していた。関東学連は検証委員会と理事会で処分解除の可否を7月末までに判断する。

こんなニュースも