[PR]

 24日午後3時半ごろ、福岡市東区西戸崎の海岸で、キャンプをしていた男性から「シュノーケリングをしていた友人2人の姿が見えなくなった」と118番通報があった。

 福岡海上保安部などによると、行方不明になったのはともに大学生で、福岡県新宮町の槇本渉さん(22)と福岡市東区の江頭宏俊さん(21)。2人は、男女10人ほどのグループで沖合数百メートルにある岩場まで水上バイクで移動し、シュノーケリングをしていたとみられる。おぼれた江頭さんを数人が助けようとしていたが、その間に槇本さんの姿も見えなくなったという。

 海上保安庁や県警が巡視船やヘリコプターで捜索を続けた。