【動画】ローソンの新商品「豆乳バナナスムージー」開発の舞台裏=篠健一郎、牛尾梓撮影
[PR]

 コンビニエンスストアの商品棚に並ぶ毎週100種類もの新商品の多くは、自主企画商品(プライベート・ブランド=PB)が占める。PBの開発・製造を「黒衣」のように支えているメーカーがある。(文中敬称略)

 7月中旬。千葉県佐倉市にあるスジャータめいらくの千葉工場では、大手コンビニのローソンに出荷されるチルドカップ飲料の新商品がうなりを上げて製造されていた。

 新商品は、7月17日に発売を控えていた「豆乳バナナスムージー」。昨年秋に売り出されたものの、売れ行きが伸び悩んだ「豆乳スムージー」の味を、ローソンの開発担当者と二人三脚で見直したものだ。豆乳の味が前面に出すぎたという前作の「反省」をもとに、隠し味にコーヒーを使ったり、スムージーの具材に豆乳と相性の良いバナナを選んだりと、20回に及ぶ試作を繰り返してきた。

 めいらくで開発を担当する斉藤富美子(44)は「商品開発から一緒にやるので、ローソン側の売るモチベーションも違う」と期待を寄せた。

 1987年に完工した千葉工場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも