羽黒、2戦連続で延長サヨナラ弾 4番の一振りで頂点

山下弘展
[PR]

(25日、高校野球山形大会決勝 羽黒5―4鶴岡東)

 狙い澄ました。十一回、羽黒の4番・竹内は2ボールからの甘い直球をとらえた。「絶対にカウントを取りに来ると思った」。低い弾道の打球が、右翼の芝生席で弾む。一振りで熱戦に決着をつけた。

 前日、酒田南との準決勝は十回、主将・秋保のサヨナラ本塁打で勝ち上がった。2試合続けての劇的な結末に「終盤までもつれ込むのは想定していた。粘り強い試合ができ、自信になる」と竹内は胸を張る。

 選抜大会は2005年に初出場で4強入りの経験があるが、夏はまだ大舞台で勝利を挙げられていない。「前回の出場(03年)は、今の選手が2、3歳だったとき。まずは校歌を歌いたい」と小泉監督。新しい歴史を、つくりにいく。山下弘展