[PR]

 米首都ワシントンで、すべてのネコの数を調べる「ネコの国勢調査」が始まった。ペットとして人気のネコだが、はぐれたり野生化したりして野鳥や小動物を襲うことがあり、米国の各都市で問題になっている。150万ドル(約1億7千万円)かけて3年間調査し、効果的な管理計画を作る。

 「DCキャット・カウント」と名付けられた調査計画は、飼い主のいない動物の保護と里親探しをするNPOヒューマン・レスキュー・アライアンスやスミソニアン保全生物学研究所などが参加する。

 野良ネコのほか、動物シェルターに収容されているものや飼いネコも調査対象。ネコを飼う世帯を回ったり、区域ごとに歩いて野外にいるネコを調べたりする。市内に50台ほどカメラを設置するほか、市民から目撃情報を募るアプリの開発も検討する。市内にいるネコの総数とともに、野外のネコがどこから来るのかも調べる。

 ある論文の推計では、米国で野良ネコに襲われて野鳥や小動物が毎年それぞれ数十億匹死んでいる。各都市では野良ネコを捕まえて不妊・去勢手術をしているが、反対意見が強いうえ、どこまで有効なのかがわかっていない。今回の調査計画は「ネコと野生生物、住民の間の争いに、実践的で思いやりのある解決策を見つける」としており、担当者は「他都市が参考にするようなモデルを作ることが目標だ」と話している。(ワシントン=香取啓介)