[PR]

 大阪府の岸和田市社会福祉協議会は、岡山県倉敷市真備町に向かうボランティアバスの参加者を急募している。29日(日)と8月1日(水)にバスを運行する予定だが、申し込みが定員を大幅に下回っているという。

 社協によると、被災家屋での泥出しや家財の運び出し、清掃などを担う。岸和田市民か市内で働く人が対象。15歳以上で、未成年者は親の同意が必要。両日とも午前6時に市立福祉総合センターに集まる。解散は同センターで午後7時の予定。

 29日は定員15人で締め切りが26日、8月1日は定員25人で締め切りが今月30日。申込者は25日夕時点で両日とも4~5人にとどまっているといい、担当者は「被災地は息の長いボランティアの支援を必要としていると思う。過酷な気候だが、体調に留意し、参加してほしい」と話す。

 できれば事前にボランティア保険に加入する。問い合わせは社協(072・437・8854)。(北村有樹子)