[PR]

 戦時下の広島・呉を舞台に人々の暮らしを描いたアニメ映画「この世界の片隅に」の製作委員会が24日、TBS系で放送中の同名の連続ドラマに対し「ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません」との声明を公式サイトなどで発表した。

 ドラマのエンドロールに「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」との表記があることを踏まえた対応。趣旨を尋ねた朝日新聞の取材に対し製作委の担当者は「(サイトなどで)公表している以上のことはお答えできない」と話した。関係者によると、ドラマ上の表現や設定をめぐり、映画との類似点を指摘する声が上がっているという。

 TBS広報部は取材に対し、エンドロールの表記は「先行して公開されたアニメ映画への尊敬の念を表明したもの」と説明。ドラマは「原作(漫画)を実写化したもので、外部の時代考証専門家の指導のもと独自に制作している」とコメントした。

 映画とドラマはいずれも、こうの史代さんの同名漫画が原作。映画は、片渕須直監督が6年がかりで大量の資料や当時の住人らの証言を集めるなどした緻密(ちみつ)な時代考証による表現が高い評価を得たほか、クラウドファンディングで募った資金が制作を後押ししたことも話題になった。200万人超を動員し、日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞も得ている。