[PR]

 同じ料金を払うなら、飲み放題をやめ、もっとごちそうを――。こんな発想で東京大や早稲田大などの学生がサークルをつくり、協力する店を広げている。「飲み放題」に疑問を感じて結成し、「会話を楽しみ、おいしい食事とお酒をじっくり味わう新しい食文化をつくりたい」という。

 「ごちそう会」は2012年に発足し、現在、学生十数人が活動する。飲食チェーンなどでは、飲み放題付きコースを設定する店も多い。グループで予約すると、酒を飲めない人も飲み放題を外せない場合がある。代表の野並新(あらた)さん(24)=東大大学院=は「サークルやクラスの飲み会はたいてい飲み放題付きコース。でも、飲めない人もいるし、その分料理が少ないこともある」。

 メンバーは飲食店に出向き、飲み放題ではなく「料理をメインにお酒は2杯」という「ごち会コース」をつくってもらえないか交渉する。応じた店は「ごち会」のサイトで紹介。いま、20店ほどに広がっている。学生限定でなく社会人がコースを利用できる店も多い。

 例えば、新宿区の早大近くの洋食店「イルデパン」はワインまたはソフトドリンク2杯と、肉料理をメインにした料理6品で2500円(税込み)。学生限定価格だが、同店オーナーの白井達昌さん(61)は「このコースだと、料理を楽しんでくれるので、作りがいがある」と喜ぶ。

 「ごち会」を創設した元東大生でコピーライターの東(ひがし)成樹さん(28)は「『ごち会文化』が広まれば、イッキ飲みや飲み過ぎによる事故も減っていく」と話す。同会のホームページはhttp://gochikai.com/別ウインドウで開きます。(浅野真)