ボーっと生きてんじゃねーよ! チコちゃん好調のワケは

有料記事

鈴木友里子、河村能宏
[PR]

 「なぜ応援は三三七拍子なの?」「『あっかんべー』って何?」――。素朴な質問をぶつけては、答えられないと、「5歳の女の子」チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られる。NHKのクイズ番組「チコちゃんに叱られる!」(毎週金曜夜〈一部地域除く〉、土曜朝再放送)が今人気だという。なぜなの?

 「男性が声変わりするのは、なぜ?」。7月20日の放送回。音声変換された高音の声で、着ぐるみのチコちゃんが、タレントの大竹まことさんに質問した。思わぬ質問にうなる大竹さん。「声が低い方が人を威圧できる……」

 すると、チコちゃんの顔がCGで突然真っ赤になり巨大化。「ボーっと生きてんじゃねーよ!」。ゲストの大竹さんやレギュラー出演する岡村隆史さんらは、おなじみのセリフにどこかうれしそう。答えは「モテたいから」。人間を含めた哺乳類の雌は声の低い雄に力強さを感じるのだという。

 番組は、5歳のチコちゃんが素朴すぎて思いつかない疑問を投げかけ、答えに詰まる「大人たち」を決めぜりふで一喝。その後、専門家に取材をしたVTRを流して答えを掘り下げるという構成だ。番組がスタートした4月以降、好調な視聴率を維持している。特に土曜朝の朝ドラ後の再放送は10%を超える(関東地区、ビデオリサーチ調べ)人気だ。

 人気の理由は司会のチコちゃ…

この記事は有料記事です。残り1438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!