出会いは「2012年…」 眞子さま会見に保守派が衝撃

有料会員記事

二階堂友紀、大久保貴裕

 昨年9月、秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と小室圭さん(26)が婚約内定の記者会見に臨んだ。2人の出会いについて問われると、眞子さまは「初めてきちんとお話をしましたのは2012年……」。続いた小室さんも西暦で答えた。

 天皇陛下は記者会見で、基本的に元号のみか元号と西暦の両方を用いる。皇族の会見で元号が使われなかったことに、保守派の一部には衝撃が走った。

皇太子さまの新天皇即位に伴う30年ぶりの改元が、来年5月1日に行われます。元号と改元の現在地について考えます。

 「これには、老生(ろうせい)、ショックを受けた」。保守派の論客である加地伸行・大阪大名誉教授(82)は、月刊誌「Hanada」の連載にそう記した。近ごろでは国会の閣僚答弁で西暦を使う者がいる、とも嘆いた。

 加地氏は危惧する。

 「なぜ、西暦というキリスト…

この記事は有料会員記事です。残り3468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら