[PR]

 台風12号は26日午前、沖ノ鳥島近海を北東方向へゆっくりと進んだ。気象庁によると、27日には強い台風となり、暴風域を伴って小笠原諸島に最接近する見込み。同日午後には猛烈な風が吹く大荒れの天気になりそうだとして、同庁は警戒を呼びかけている。

 28日に伊豆諸島、29日に本州に近づくとみられ、今週末は東日本を中心に暴風や高波、大雨のおそれがあるという。26日午前9時現在、台風の中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。

 また同庁は26日、東日本と西日本の広い範囲で同日午後から27日にかけ、落雷や竜巻、局地的な豪雨に注意が必要だと発表した。上空約6千メートルに寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になるため。急に黒い雲が近づいたり雹(ひょう)が降ったりした際は、建物内に移動するなど注意を促している。