連日の猛暑、「外での運動は控えよ!」との警告……。夏休み、子供たちが元気に外で遊ぶ姿も見かけず、学校の夏休みのプールでさえ、今年は中止の声も聞こえてきます。とは言え、自由研究や思い出日記など課題もあり、親も子も悩ましい夏休み……。

 そこでおススメなのが、京都の「ecoサマー!」でお得に行く「京都の夏のミュージアム」。「ecoサマー!」とは、京都市バス、京都バスなどで実施されている環境とお財布に優しい小児運賃無料サービスです。保護者1人につき、小学生2人までの小児運賃が無料となります(対象路線はご確認を)。

 クーラーの利いたバスに乗って、冷房の利いた学べる施設で過ごす。今年の猛暑には、これがベストなのかもしれませんね。

 夏休みに美術館や博物館へ行くことは有りがちですが、今回は共に行く「大人も楽しめ学べる」、しかも「京都ならでは」の施設をご紹介します。

お子様と、楽しく「漢字対決」

 祇園にある「漢字ミュージアム」。バス停は目の前にあり、炎天下、長く歩くこともありません。

 漢字なので小学校高学年のお子様が対象かもしれません。漢字の歴史や漢字のクイズやゲームなど、遊びながら学び知ることができ、なかなか大人も楽しめます。

 例えば「漢字回転すし」は魚偏の漢字が正しく答えられないと回転すしが食べられないというゲーム(実際、おすしは出てきません。映像のみ)。漢字を間違えても、それはそれで楽しい映像が出てきて面白いです。

 また自分の名前を象形文字で書くと……、というようなワークショップ風のコーナーもあり、こちらも楽しい体験です。

 さらに漢字だけでなく、1階のショップに隣接した「祇園祭ギャラリー」には一年中、実物大の鉾(ほこ)が展示されていて、観光客に「祇園祭」を感じていただけるコーナーもおススメです。

 漢字ミュージアムでは夏休み企画「漢字の宝島大冒険」も開催中。お子様と「漢字対決!」の1日となって盛り上がることでしょう。

■全国初の小学校はなんと!京都…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら