[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出内容について、狂言師の野村萬斎さん(52)が、総合統括となるチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任することになった。30日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で行われた大会組織委員会の理事会で承認、発表された。

 五輪の開閉会式は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ監督の山崎貴さん(54)が担当。パラリンピックについては、ソフトバンクモバイルの「白戸家シリーズ」のCM制作などをてがけたクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)が担当する。

 五輪とパラリンピックの四つの開閉会式が起承転結のあるものにするため、野村さんがチーフとして演出に携わる人の意見をまとめる。野村萬斎さんは「このような大役を担うことは大変光栄であり、身の引き締まる思いです。機知に富んだ式典にするために尽力していく所存です」とコメントした。

 開会式で点火される聖火台のデザインも3人が中心となって考える。

 開閉会式については、昨年4月から組織委の有識者懇談会(座長=御手洗冨士夫・組織委名誉会長)が、コンセプトなどを議論。昨年12月に野村さん、山崎さん、佐々木さんの3人を含む8人による「総合プランニングチーム」をつくった。

 並行して監督の人選にも当たっていたが、組織委内で「演出は様々な人が議論して考えるべきだ」との声が強まり、監督ではなく統括役を置くことにした。8氏以外の案もあったが、総合プランニングチームで企画立案にあたり、日本の伝統文化にも精通している野村氏が総合統括になった。

 総合プランニングチームに加わっていた歌手の椎名林檎さん(39)、映画「君の名は。」を手がけたプロデューサーの川村元気さん(39)、広告会社電通で「GINZA SIX」のオープニングCMなどを担当したクリエーティブディレクターの菅野薫さん(40)、障害者の芸術活動を支援するクリエーティブプロデューサーの栗栖良依(よしえ)さん(40)、テレビドラマの主題歌で出演者が踊る「恋ダンス」が話題になった振付家のMIKIKO(ミキコ)さん(40)の5人も、開閉会式の演出企画に加わることになった。

 16年リオデジャネイロ大会の閉会式では、佐々木さんや椎名さんらが中心となって東京大会をPRするセレモニーの企画演出を務めた。この流れが継続されることになる。

 開閉会式は主要スタッフだけでも数百人規模になることから、組織委の中井元チーフ・セレモニー・オフィサーは「メンバーをさらに加えたい」と話した。(前田大輔)

こんなニュースも