[PR]

 前回に続いて結膜炎についてお話しします。

 外界と眼球表面とを隔てる防御膜のような働きをしている結膜に起こる結膜炎にはさまざまな原因があります。前回は細菌が引き起こす結膜炎を取り上げました。今回はウイルスが引き起こす「流行性角結膜炎」について説明します。一般には、「はやり目」と呼ばれる病気です。

 結膜は白目の部分の表面、角膜は黒目の表面を覆う膜で、両者は連続しています。そのため、結膜に感染したウイルスが角膜にも感染してしまうこともあるので、角膜と結膜の両方という意味で「角結膜炎」と呼ばれます。

 原因となるのはアデノウイルス属のウイルスです。ウイルスは前回お話しした細菌よりも数十倍小さい微生物です。アデノウイルスは目の表面、口やのどなどの粘膜表面の細胞に対する親和性がきわめて高いため、接触によって簡単に感染し、感染力が強いことが特徴です。

 このウイルスにはたくさんのタイプがあることが知られており、咽頭(いんとう)粘膜に感染して風邪症候群をおこすタイプもあります。このうち、角結膜炎を起こすタイプは、感染者が触れた物に触った別の人が自分の手で目をこすった場合などに結膜に感染することが考えられます。家庭や学校、病院内でも感染が起こりえます。

 症状は、細菌性結膜炎と同じく、結膜の充血と目やに(眼脂〈がんし〉)が主体ですが、目やには、ねばねばしてやや黄色っぽい細菌性結膜炎の場合と異なり、半透明であることが多いです。

 このほか、発症後1、2週間で黒目の部分の表面に円形の白い濁りが斑点のように生じて光を乱反射するため、まぶしさを感じたり、物が見えにくくなったりすることもあります。これは、角膜の表面を覆う細胞である上皮へのアデノウイルスの侵入に対するアレルギー反応と考えられています。

 通常、1、2週間の潜伏期の後に症状が現れます。多くの場合、ウイルスが先に入った方から発症し、両目に起こります。

 アデノウイルスの結膜への感染に対して、感染防御の役割を担うのは血液やリンパ節に存在するリンパ球です。リンパ球はアデノウイルスの感染を感知して、より中枢部(心臓)に近いところにあるリンパ組織にその情報を伝えます。目に対する中枢のリンパ組織は耳前(じぜん)リンパ節や頸部(けいぶ)リンパ節なので、流行性角結膜炎になると、耳の前や首の部分のリンパ節内でリンパ球が活発に増えるため、リンパ節が腫れて少し痛むことがあります。

 これらのリンパ節ではアデノウイルスに結合してウイルスを不活性化する中和抗体を産生するリンパ球をさかんに増やして感染した部位に送り込みます。その結果、ウイルスに感染した結膜でリンパ球が中和抗体を産生しますので、ウイルスは次第に増殖する力を失い、結膜炎もやがて自然治癒することになります。結膜に集まったリンパ球は濾胞(ろほう)と呼ばれる、小さなつぶつぶのような盛り上がりを形成します。濾胞は症状のピーク時にできて治癒とともに消失するので、特に気にする必要はありません。

 一般的に自然治癒までの期間は2週間程度です。この期間はウイルスの感染力が保たれますので発症後2週間は他人との接触はできるだけ避けた方がよく、プールには入らない、学校や仕事は休むなどの配慮が望ましいと言えます。学校や職場の関係者にも理解してもらう必要があります。

 流行性角結膜炎は濾胞ができることが特徴的ですが、細菌やアレルギーによって起こる結膜炎と症状が似ていることも多く、見ただけでは鑑別診断が難しいこともあります。しかし、最近はアデノウイルスに対する抗原抗体反応によって短時間で診断できる迅速診断キットが利用できるようになりましたので、比較的確実に診断できるようになりました。

 特に治療をしなくても自然治癒する病気ですが、強い炎症が起きて表面の粘膜が壊死(えし)してしまい膜状にこびりつく偽膜(ぎまく)というものができるとそれが癒着の原因などになることがあります。また、ウイルス感染のほかに細菌感染が合併してさらに重症化する混合感染という状態にもなりえます。混合感染を予防する目的で抗菌薬を含む目薬を用いたり、アレルギー反応を抑えるために副腎皮質ステロイドの目薬を用いたりすることがあります。

<アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hirosaki/

(弘前大学大学院医学研究科眼科学講座教授 中澤 満)