【動画】黒煙を上げる建設中の建物=野津賢治撮影、目撃者提供
[PR]

 26日午後1時50分ごろ、東京都多摩市唐木田1丁目の建築中のオフィスビルから出火したと119番通報があった。警視庁と東京消防庁によると、地上3階地下3階建ての地下3階床下にあった断熱材約5千平方メートルが焼け、男性作業員5人が死亡、約40人がけがをした。鉄骨の切断作業中に火花が断熱材に引火したとの証言がある。警視庁は業務上過失致死傷容疑で調べる。

 けが人のうち約25人が重傷。火は午後7時半にほぼ消し止められた。

 捜査関係者らによると、出火当時、地下3階で工事用作業台の鉄骨をガスバーナーで切断する作業をしていた。その際に火花が出て、床下のウレタンの断熱材に引火して燃え広がったと、作業をしていた男性2人が説明しているという。1人が切断、もう1人が火花を水で消す役割だったという。

 2人は近くにあった消火器や水で初期消火にあたったが間に合わず、地下3階のさらに下にある免震装置が置かれた階にいた作業リーダーに「もうダメだ」などと報告し、避難を始めたという。

 この日は約320人が作業をしており、死亡した作業員のうち1人は地上3階で、3人は地下で、もう1人は地下3階の下の免震階で発見された。

 施工している安藤ハザマ(東京都港区)によると、ビルの着工は2016年10月で、今年秋に完成予定だった。

 現場は小田急多摩線唐木田駅の南西約1キロ。付近には商業施設や住宅がある。