[PR]

 26日午後1時ごろ、中国・北京の米国大使館付近で爆発があった。北京の公安当局によると、男が爆発物に火を付けて爆発させ自らも手にけがをしたが、周囲の人にけがはなかったという。当局は、この26歳の内モンゴル自治区の男性を拘束した。

 爆発があったのは、米国の査証を発給する部門の近く。当時、付近には多くの人がビザ手続きのために並んでいたという。現場周辺は封鎖され、プラスチックの破片などが散乱していた。中国内のSNS上には、爆発によると思われる大きな音を聞いたという声や、煙が写った写真、動画が多数投稿されている。

 一方、現場にいた目撃者の話によると、爆発が起きる前の午前中にも、米国大使館前で油をかぶった女性が拘束されたという。焼身自殺を図ろうとした可能性もある。爆発事件との関連は不明だ。

 現場は北京市中心部から北東に位置し、日本や韓国、インド、フランスなどの大使館が集まる地区の一角にある。(北京)

こんなニュースも