[PR]

 気象庁は26日、日本の南海上を北上している台風12号について、28日深夜~29日未明、本州に上陸後、西側へ進むとみられると発表した。東日本から西日本の広い範囲で大雨の恐れがあるという。

 小笠原諸島は27日にかけ、激しい雨となる見込み。日本の東にある寒冷低気圧の影響で、台風12号は東から西へ本州を横切る「珍しい進路」(同庁担当者)になる予想だという。関東甲信と伊豆諸島は28日朝から、東海地方は28日昼ごろから、警報級の大雨が29日にかけて降る可能性がある。

 関東甲信と東海地方は、28日午後6時までの24時間降水量が200~300ミリで、大雨になる予想。気象庁は暴風と波浪への警戒を呼びかけるとともに、西日本豪雨の被害を受けた地域を含め、土砂災害や河川の増水、家屋への浸水に注意を促している。

 台風12号は26日午後6時現在、硫黄島の南西約250キロを時速15キロで東北東へ進んでいる。中心気圧は980ヘクトパスカル。最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。