[PR]

 全国高校野球選手権滋賀大会の準決勝を翌日に控えた26日、皇子山球場近くにある洋菓子店「パレットアトリウム」(大津市皇子が丘3丁目)を訪ねた。

 県内で五つの店舗を展開している本店。守山産のイチゴを使ったジャムや、滋賀県産のかぶせ茶を使ったパウンドケーキなど、店内には地産地消にこだわった商品が並ぶ。皇子が丘の本店には、2階に出来たてのケーキなどを楽しめる「カフェ・ド・シナモニ」も併設している。

 毎年この時期になると、球場帰りの高校野球ファンや、差し入れを買い求める保護者が数多く訪れる。暑い季節にぴったりの、白桃やゆずレモンなど10種類の味があるジェラートもあり、準々決勝が行われた25日には、差し入れとして箱詰めのジェラート50個を購入していった客がいたという。

 学生時代、バスケットボール部だったという店の統括マネジャーでパティシエの堀川香奈子さん(33)は「スポーツに打ち込んでいる姿には共感する。熱戦の終わりに、ほっこりできる場を提供できたらうれしい」と話していた。(宮城奈々)

こんなニュースも