「狂った果実」から「マルサの女」まで、長年にわたって映画やドラマで幅広い役を演じた俳優の津川雅彦(つがわ・まさひこ、本名加藤雅彦〈かとう・まさひこ〉)さんが4日、心不全で死去した。78歳だった。葬儀は近親者で行った。

 1940年、京都市に生まれる。父親は歌舞伎から映画に転じた俳優の沢村国太郎、祖父は“日本映画の父”と呼ばれた製作者のマキノ省三、叔父は加東大介という芸能一家に育った。幼い頃から子役として活動。56年、日活の「狂った果実」で石原裕次郎の純真な弟を演じて注目を集めた。

 58年、松竹に移り、木下恵介監督の「惜春鳥」などで甘い二枚目を演じた。60年前後に若手監督が中心になって松竹ヌーベルバーグ運動を起こす。大島渚監督の「太陽の墓場」や「日本の夜と霧」、吉田喜重監督の「ろくでなし」など、彼らの斬新な作品で、強烈な個性の若者を演じた。

 中年に差し掛かった80年代以降は重厚な容姿を生かし、伊丹十三監督の映画の常連となる。とりわけ87年の「マルサの女」では国税査察官の宮本信子の上司、「あげまん」では宮本と結婚する銀行員など、印象的な役を数多く演じた。

 この頃、渡辺淳一原作の「ひとひらの雪」「別れぬ理由」など大人の恋愛映画で中年男の色気をにじませた。「マルサの女」「別れぬ理由」でキネマ旬報助演男優賞を受けた。

 テレビでもNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」で徳川家康役や、TBS「野々村病院物語」で外科医役などを演じた。

 2006年、叔父のマキノ雅広監督の名前を借りたマキノ雅彦名義で映画「寝ずの番」を初監督。「次郎長三国志」「旭山動物園物語」と計3本のメガホンを取った。兄で俳優の故長門裕之さんとは長年不仲だったというが、これら弟の監督作に兄が出演、晩年は関係を修復した。

 妻で俳優の朝丘雪路さんも今年4月に亡くなったばかりだった。長女は俳優の真由子さん。74年に赤ん坊だった真由子さんが誘拐され、無事保護される事件があった。