[PR]

 香川県丸亀市の沖に浮かぶ広島に、ひっそりたたずむ墓がある。そこに眠るのは「英国士官レキ」。明治元年、瀬戸内海を航行中の船で亡くなったという。謎の多かったレキの生涯を調べたのは、英国在住の夫妻だった。5日には現地で没後150年の式典がある。

 夫妻は、英国人のグラハム・トーマスさん(63)と島に母方の実家がある岡田聡子さん(56)。1999年、2人で墓を訪れたのが調査のきっかけだった。

 自分と同じ国で生まれ、遠い日本で倒れたレキはどんな人物だったのか。トーマスさんは当時、住んでいた東京の図書館に足を運んだ。2002年に英国に戻ってからも国立公文書館などに通い、史料を読みふけった。

 レキの記録にたどり着くのに1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら