[PR]

 トヨタ自動車が3日に発表した2018年4~6月期決算は、2年連続で増収増益となった。売上高は前年同期比4・5%増の7兆3627億円、純利益は7・2%増の6573億円で、いずれも4~6月期の過去最高を更新した。

 グループの世界販売台数は、北米やアジアが伸びて前年同期比1・0%増の261万台だった。営業利益は18・9%増の6826億円。主力の北米では、店頭での値引きの原資となる販売奨励金がかさんで営業減益となった。一方、国内やアジアでコスト削減を進めて利益を積み増した。

 東京都内で記者会見したトヨタの白柳正義専務役員は「原価低減は少しずつ成果を見ているが、まだまだ道半ばだ」と話した。

 一方、19年3月期の業績予想は今年5月の発表を据え置いた。売上高は前年比1・3%減の29兆円、営業利益は4・2%減の2兆3千億円、純利益は15・0%減の2兆1200億円を見込む。見通し通りなら2年ぶりの減収減益となる。世界販売台数の見通しも1050万台で据え置いた。

 5月の18年3月期決算に続き、今回も東京株式市場の取引時間中に決算を発表した。(竹山栄太郎)