野田総務相、自身の責任「しかるべき措置を検討」

有料会員記事

[PR]

 野田聖子総務相の事務所による金融庁への説明要求に関し、朝日新聞が同庁に情報公開請求した内容が野田氏側に漏出し、野田氏が第三者に漏らしていた問題で、野田氏は27日の閣議後会見で、自らの責任について「しかるべき措置を検討している」と話した。具体的な責任の取り方については「様々あると思う」とだけ述べた。

 麻生太郎金融担当相は同日の閣議後会見で、金融庁職員が情報を漏らしたことについて「不適切」とし、「厳正に対応したい」と話した。

 この問題をめぐっては、菅義偉官房長官が25日の記者会見で、漏出にかかわった金融庁職員について「当然、何らかの対応はしたい」と述べ、政府として処分を検討する考えを示している。

 朝日新聞は5月2日、金融庁…

この記事は有料会員記事です。残り239文字有料会員になると続きをお読みいただけます。