[PR]

 生物の遺伝情報を自在に改変できるゲノム編集の技術で作られた作物について、欧州連合(EU)司法裁判所は25日、外部から他の品種や生物の遺伝子を入れた「遺伝子組み換え作物(GMO)」と同じ規制を適用するとの判断を下した。

 ゲノム編集は狙った遺伝子を壊したり別の遺伝子に置き換えたりする技術。短時間、低コストでできる新手法が普及し、品種改良や医療分野での活用が期待されている。今回の判決は、農業分野で企業や研究機関の開発や販売戦略に影響を与える可能性がある。

 訴えは、フランスの農業組合が起こした。ゲノム編集は人間の健康や環境に重大な害を与える恐れがあるとして、GMOと同じ規制をするよう求めた。EU司法裁は「ゲノム編集による作物はGMOと同じく自然には生じない」と指摘。「ゲノム編集の使用に伴うリスクはGMOと似ている可能性があり、予防原則であるこの規制を適用する」として、訴えを認めた。

 EUのGMO規制は世界でも厳しく、すべての食品に遺伝子組み換えの表示義務がある。農場から消費者までの全流通段階でGMOを含んでいるかどうか書面で伝えることも義務づけている。ゲノム編集による作物がこの規制の対象かどうかについては、これまであいまいだった。(ブリュッセル=津阪直樹)

■ゲノム編集と遺伝子組み換えの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら