菅長官「辺野古工事を進める考え方に何ら変わりない」

[PR]

 沖縄県翁長雄志(おながたけし)知事が辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回を表明したことについて、菅義偉官房長官は表明直前の27日午前の記者会見で「沖縄県から何らかの通知が来れば、法令の規定に従い、適切に対応することになる」と述べた。

 菅氏は「関連法令に基づき、自然環境や住民の生活環境にも最大限配慮し、辺野古移設に向けた工事を進めていくという考え方に何ら変わりはない」と改めて強調。県への対抗策として想定される撤回の効力を一時的に失わせる執行停止などの司法手続きについては「仮定の話についてはお答えを控えたい」と述べた。