9回2死劣勢での冷静 大阪桐蔭「最後までわからない」

山口史朗
[PR]

(27日、高校野球北大阪大会 大阪桐蔭6―4履正社)

 敗戦まであとアウト一つで走者なし。春夏連覇を目指す大阪桐蔭が、ライバル履正社に追い詰められていた。

 北大阪大会準決勝。八回に逆転され、1点を追う九回は無死一塁で送りバントが小飛球となり、この日五つ目の併殺に。最悪の流れで打席に入った2番宮崎の頭には、しかし、「負け」の2文字はなかった。

 「相手投手はクイックモーションが遅い。塁に出れば盗塁できる。そしたら、3、4番で追いつける」

 1ボールからの変化球を中途半端に空振りすると、「打ち気にはやっているな。冷静にいこう」と自分に言い聞かせた。その後は際どい球を冷静に見極め、四球を選んだ。

 続く主将中川は「絶対に大きいのは狙わない。つなぐ」。4番藤原も「今までで一番緊張した。でも頭は冷静だった」。いずれもファウルで粘りながら、ボール球はぐっとこらえてバットを止める。連続四球で満塁とすると、履正社の投手、浜内がこらえきれなくなった。根尾の押し出し四球で追いつき、山田の2点適時打でひっくり返した。

 なぜ、土壇場で冷静に、そして強くいられるのか。宮崎は「経験です」と言った。昨夏の甲子園3回戦は1―0の九回2死からミスが出て逆転サヨナラ負け。今春の選抜準決勝では九回1死から追いついて延長でサヨナラ勝ちした。

 「最後まで何があるか分からない。自分たちはそれをどのチームよりも分かっている」と宮崎。王者の夏は続く。=シティ信金スタ山口史朗