[PR]

 北朝鮮の政府機関紙、民主朝鮮は平壌・黎明(リョミョン)通りで25、26の両日に、朝鮮料理協会主催の全国犬肉料理コンテストが行われたと伝えた。朝鮮通信が27日に報じた。北朝鮮では、7月中旬から8月上旬の酷暑の時期に、スタミナ料理として犬肉料理が好まれている。

 朝鮮通信によれば、コンテストには部門別、地域別の予選を勝ち抜いた料理人が参加。指定された時間内に、調理したスープと料理を審査した。犬肉の水炊き、腸詰めが参加者の注目を引き、平壌タンコギ店が特等、蒼光奉仕管理局が1等になった。タンコギは「甘い肉」という意で、北朝鮮では犬肉を表す。

 脱北者によれば、犬肉は1匹あたり10万~15万ウォンで、食堂の犬肉料理は1人前で約2万ウォンほど。北朝鮮の市民が最も好む豚肉よりも2倍ほど高く、特別な記念日や接待などの際に食べる。公務員の平均月給は5千ウォンほどなので、犬肉がいかに高価なのかが分かる。特等となった平壌タンコギ店は国家行事も行われる高級店で、一般市民が利用するのは「数年に一度」(脱北者)だという。

 北朝鮮の公式レートは1ドルが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら