[PR]

 青森県立中央病院(青森市)は27日、昨年12月28日に20億円の寄付があったと発表した。県内では、同じ日に青森市に住む個人から同市に20億円が寄付されており、公的機関への多額の寄付が明らかになるのは2件目となる。

 病院が27日、昨年度決算見込みの報道向け説明会で寄付を明らかにした。病院側は「寄付者の意向」を理由に寄付したのが個人か団体かも明らかにしていない。寄付者は「県立中央病院の医療の充実、発展に役立ててほしい」と話しているという。使途について病院側は「今後しっかり検討していく」としている。同病院の藤野安弘院長は「ご期待に応えられるよう県民の命、健康を守るために最大の努力をしていきたい」と述べた。