【動画】気象衛星「ひまわり」がとらえた台風12号の動きと、気象庁が発表した進路の予測(27日午後5時現在)。円は台風の中心が進むと予想される範囲
[PR]

 気象庁は27日、強い台風12号は28日夜~29日未明、東海地方から西日本に上陸する見込みだと発表した。両日は東日本から西日本にかけて大雨と暴風、高潮の恐れがあり、警戒を呼びかけている。

 台風12号は本州付近を東から西へ横断する見通しで、記録が残る1951年以降、初めての経路。日本の東付近にあった寒冷低気圧が西へ台風を運ぶ働きをするほか、大陸側から張りだしたチベット高気圧が台風の北上を妨げるなど、複数の要因が重なったためという。

 台風が西進する場合、通常の東進とは逆に、通過した後の地域では南から湿った空気が流れ込んで大気が不安定な状態になりやすくなる。気象庁の担当者は「台風が通過した後に大雨が降るなど、これまでの経験が通用しない場合がある」としている。

 同庁によると、29日正午までに予想される24時間降水量は、関東甲信300~500ミリ、東海300~400ミリ、近畿と中国200~300ミリ、四国100~200ミリ、九州北部100~150ミリ。

 28日の最大風速は関東から近畿にかけて30~40メートル、波の高さは関東と東海で最大10メートルとそれぞれ予想されている。28日は台風の接近と潮位の高い時期が重なり、高潮への警戒も必要になるという。

 また、西日本豪雨の被災地に対し、「通常の雨でも土砂災害や河川の氾濫(はんらん)などが起きる可能性がある。自治体の避難情報に従って早め早めの避難を」と呼びかけている。

 台風12号は27日午後10時現在、父島の東北東約280キロを北北東へ時速35キロで進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル。最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。(山岸玲)