[PR]

 2日も岐阜県多治見市で40度を超えるなど記録的な猛暑が続く今夏、日差しを遮る有効な手段の一つとして、改めて日傘に注目が集まっている。これまで男性にはなかなか広がらなかったが、今年こそ、「男の日傘」は定着するのか。

 2日午後3時すぎ、厳しい日差しがアスファルトに照りつける銀座の街を歩いた。数分で額から汗がしたたり落ちる。持参した温度計は36度を指した。

 女性はあちこちで日傘を開いているが、男性の日傘は見当たらない。記者(28)は勇気を出して日傘を開いた。猛暑が続いていた先月下旬、生まれて初めて買ったものだ。黒地に白いチェック柄の折りたたみタイプで雨晴兼用。「紫外線カット率99%以上」とある。

 日傘で、頭から胸にかけて日陰ができ、頭上の熱が引いていく。だが、すれ違う人たちがちらっと自分を見る視線が気になる。

 環境省は2011年、上着を脱いで日傘を差すと発汗量が2割抑えられるという調査結果を発表。「男性用日傘の商品開発・普及も必要」と呼びかけた。高知県四万十市で当時の国内観測史上最高の41・0度を記録した13年には、猛暑で男性向け日傘の売り上げが伸びたことを多くのメディアが取り上げ、「日傘男子」が新語・流行語大賞の候補に。だが、普及には至らなかった。

 ところが、連日最高気温が30…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら