[PR]

 動画の配信活動を行う架空のキャラクター「バーチャルユーチューバー」を、スマートフォンで簡単に作成できるアプリ「カスタムキャスト」を、IT企業のドワンゴとS―court(エスコート、東京)が共同開発し、8月下旬から配信を始める。ドワンゴが運営する「ニコニコ生放送」で配信できる。

 バーチャルユーチューバーは、3DCGによる架空のキャラクター。「ブイチューバー」とも呼ばれ、ネット上で人気が高まっている。

 これまでバーチャルユーチューバーによる配信にはパソコンやVR機材などが必要だったが、カスタムキャストでは、スマホだけで可能になる。髪形や顔や服装などを選び、自分好みのバーチャルユーチューバーを作ることができる。スマホのカメラで作成者自身の表情を読み取って、キャラクターに表情をつけることもできる。

 AR(拡張現実)機能を使い、現実世界を背景にしてキャラクターを配信することもできる。

 配信はアンドロイド版からで、iOS版は準備中。(篠健一郎