[PR]

 ひんやりしてうまーい。周南市の徳山動物園で28日、サル山のアカゲザルたちに約30キロの特大かき氷がプレゼントされた。

 氷は、市内の氷販売業「神代商会」が提供。飼育員たちがスイカやパイナップルなど好物の果物で飾り付け、メロン味などのシロップをたっぷりとかけた。

 サル山はコンクリート製のため日中はとても暑く、サルたちは冷たいものが大好き。飼育員の杉原祐二さんは「酷暑の夏を元気に乗り切って」と話した。(三沢敦)