[PR]

 バスケットボールとハンドボールの特徴をあわせ持つ男女混合の球技コーフボールのアジア・オセアニア選手権が29日から、さいたま市の市記念総合体育館で始まる。国際大会の日本開催は初めて。男女一緒にコートを駆け回る面白さを知ってもらおうと、競技団体は入場料を無料にして普及に力を入れる。

 コーフは発祥の地オランダの言葉で「籠」の意味。高さ3・5メートルのポール上の籠にバスケットボールのように球を投げ入れ得点を競う。籠はコートの中ほどに置かれ、玉入れのように360度全ての方角からシュートできる。ドリブル禁止でハンドボールのようにパス回しで得点機をうかがう。

 接触プレーや異性の選手への守備は禁止。男女間の体格差を気にせず、分け隔てなくプレーできるのも特徴。1902年に生まれ、日本では91年から普及が始まった。現在は全国で十数チームが活動中という。

 日本は最新の世界ランキングで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら